【サンカラーのお約束】 お客様の工事データ

kouji1

私たちサンカラーは1件、1件の工事を使用した材料、誰が施工したか、色番号、お見積書、請求書、保証書、施工報告書、図面などをデータベースソフトを使って管理させていただいています。

お客様が『そういえばいつ防水工事をしたっけ?5年後にトップコートの塗り替えが必要っていってたよな~』っとなっても弊社からトップコートの塗り替えのご案内をさせいていただきます。

また、あの時屋根を塗装した塗料ってウレタンだった?シリコンだっけ?水性?溶剤だっけ?遮熱?という場合もしっかり把握させていただいております。

施工をした業者なら当たり前といえば当たり前なのですが、5年前、10年前の事をお客様が正確に把握している、また、その当時の仕様書なり報告書なりを保管させているとは限りません。

私たちも施工させていただいたお客様はしっかりと覚えておりますが、細かい工事内容までは頭の中には入っていないというのが正直なところです。

雨漏りであればヒヤリングシートから散水箇所、侵入箇所、雨漏り保証期間は?など何年経ってもわかるようにしています。

当時の工事写真もここには入れ込めませんが、保管させていただいています。

住宅の工事履歴というのでしょうか?カルテというのでしょうか?そういった部分までしっかりと管理をさせていただいています。

過去のデータを入力する作業は非常に大変で時間のかかる作業ですがお客様と私たちが手を握りあった証としてしっかりと記録させていただいています。

まだまだこのデータベースのバージョンをあげていき、『施工もその後もまかせて安心!』といっていただけるよう努力いたします。