大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

【外壁塗装】足場絡みの仕上げです!

2014年12月15日

大田区本羽田にて施工中の外壁塗装現場!

今まで2回にわたって途中経過をお伝えしましたが、外壁塗装が終わり、樋などの付帯塗装も終了!

そしていよいよ納めの時がやってまりました。

と、その前に付帯塗装のことを少し

DSCN7976 DSCN7977 DSCN7982 DSCN7989

樋などは目荒し後、ミッチャクロンを塗装。その後弱溶剤シリコン塗料を2回塗装しました。通常、弱溶剤ウレタンやシリコンを塗装する場合は目荒らしだけで密着すると言われていますが、どうも私自身、信用ができません。したがってサンカラーでは目荒し+プライマー+弱溶剤形ウレタンやシリコンを2回塗りという仕様が標準となっています。

付帯塗装を終えて養生を撤去していよいよ納めの作業です。

DSCN7991

最後の見せ場!線出し作業です。この作業をするのとしないのとでは仕上がりのレベルがまったく違います。『ペンキ屋は線が命』と言われるほどまっすぐな見切りは仕上げる側にとっても気持ちがいいです。

内装塗装工事も施工する弊社は外壁塗装においてもこの線だしは重要な仕事ととらえています。

そして忘れてはいけないのが『掃除』です。塗ってない部分に塗料などが付着ていないか?をチェックして付着していた場合は綺麗に落とします。

どれも細かい作業で目立って進む事のない非常に地味な作業です。この線出しや掃除をしっかりしていない塗り替え現場をたくさん見てきました。なかには1回目の塗り替えで作業させていただいた現場でも前の塗料がはみ出していて線出しに苦労したという経験もたくさんあります。

同じプロがみてはずかしくない仕事をプロとして提供できればと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会