【雨漏り修理】瓦棒屋根からの雨漏り

大田区田園調布、屋根からの雨漏り修理です。とはいえただの葺替えではなく屋根勾配を変更するという内容です。

DSC07196

少しわかりにくいですがエアコンが乗っているところ、ほとんど屋根勾配がないのです。1寸あるかないかの勾配です。通常、1寸でも瓦棒葺きの屋根はOKとさせていますが、こちらの建物は裏に大きな木があります。その落ち葉がこのフラットな屋根に積層させてしまうと言う条件。当然、つもった落ち葉はそのまま流れずそこにとどまり、ダムとなり水の流れをせき止めます。

せき止められた水は瓦棒の中に進入し雨漏りの発生や屋根下地の痛みと発展してしまいます。

こうした状況から、今回はただ葺き替えるのではなくこのフラットな部分をなくしてしまおうという工事内容です。

DSC09624

解体が始まりました。瓦棒の『カッパ』といわれる部分を撤去すると勾配が変わっている部分の垂木が朽ちているのがわかります。この付近はもっとも落ち葉が堆積している場所でした。しかも勾配が変わっていると言うことはカッパにはさみを入れて取り付けなければなりません。ただでさえ雨漏りのウィークポイントになりやすい場所に落ち葉が堆積となればいくらシーリングをしても雨水は浸入してしまいます。

DSC09639

カッパをどんどん外して解体が進んでいきます。

DSC09654

瓦棒葺きの水の流れる部分、幅が広いところを通常『ドブ』と言います。上の写真はドブを撤去したところです。黒く見えるのがアスファルトフェルトです。下の方に見える白っぽいところ、ここに雨水が浸入していました。

DSC09673

フラットな部分の軒先です。相当の痛みです。

このあと、野路板を撤去していよいよ勾配を変えていく作業に入ります。