外壁塗装の付帯部分、破風鼻隠しの塗装

大田区の上池台で施工中の外壁塗装現場で破風、鼻隠しを塗装しました。


外壁塗装の付帯部分、破風、鼻隠しの塗装 目荒らし


外壁塗装の付帯部分、破風、鼻隠し 2液型エポキシ系浸透シーラーを塗装


外壁塗装の付帯部分、破風、鼻隠しの塗装 中塗り


外壁塗装の付帯部分、破風、鼻隠しの塗装 上塗り

①まずは目荒らし、ここで脆弱部分をしっかり落とします。

②そして2液型エポキシ系浸透シーラーを塗装。
この①、②の作業が非常に重要です。
この作業を省いたりするとあとで剥がれてしまいます。

③中塗り
樋との隙間が少ないので細いローラーと刷毛を使って野路板までしっかり塗り込みます。

④上塗り
オープンタイムを確認して上塗りを施工します。

一般の方は外壁塗装というとメインの外壁ばかりに意識が行きますが、こういった付帯部分の塗装も非常に重要です。
手抜き工事が行われるとペラペラ剥がれてしまいます。

付帯部分もどのような塗装をするのか?
を意識してください。

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加