大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

雨漏り修理:サッシまわりの外壁解体

2012年01月31日

ただいま修行中 · ブログ 2011
1月31日
雨漏り修理の現場も外壁解体へと移ってきました。

今日は私と宏輔君とで外壁の解体です。

この作業、下のアスファルトフェルト(防水紙)をなるべく傷めないようにモルタルを剥がさなければいけません。
そしてなにより大事なのは雨の入っている場所が他にもないか?を確認しなければなりません。

手間のかかる作業&確認作業ということで気合を入れて解体しました。

すると、思った以上にいたんでいる場所が出てきました。
その上にはバルコニー灯があります。
解体する範囲はサッシまわりでしたが、解体範囲を拡大しました。

結果、バルコニー灯からも雨水の侵入がありました。
その上の部分はラスアミも錆びてなく、この場所の雨漏り原因はバルコニー灯と掃き出し窓という結論になりました。

雨漏り修理は普通のリフォーム工事と違って
壊して、確認して、確証を得てから修理という作業になります。

よって簡単には行きませんし、手間や時間もかかります。

どうかご理解をいただきますようお願い申し上げます。

倉方康幸


このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会