桁が…

ブログ
1月27日
この寒さと空っ風のせいで喉がイガイガしてきました(>_<) ここで風邪を引いてはならぬ! と気合いで何とかしようとしてる倉方です。
長年の雨漏りで痛んだ桁
今取り組んでいる雨漏り修理の現場です。

バルコニーの床解体もほぼ終わり、明日から造作だ!
という段階で桁が長年の雨漏りで70%程度痛んでいるのがわかりました。

この部分、バルコニー外側で床勾配の下の方。
侵入箇所であるサッシ水切りとほぼ同位置の部分です。

これだけ痛んでいると補強なんてできません…
床の根太がけも不可です。

お客様に直接見ていただき、桁交換のご了解を頂きました。

解体してはじめて痛んでいるとわかる部位とはいえ
追加の工事となってしまい、心苦しいばかりです。

工事を依頼された私たちにできることは
『雨漏りを絶対に止める』
『建物を長持ちさせる』
このことをいつも考えながら作業し、
お客様の
『雨漏りから来るストレスの解放』
『安心してお住まいいただける環境』
を実現するために頑張るだけです。

お客様の
『幸せ』
のために頑張ります!

倉方康幸

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加