雨漏り修理:店舗の自動ドア戸袋から

ブログ 2011
1月9日
今日は成人式ですね!

え~っと私は26年前の話になりますね~

と3連休最後の日ですが、
朝6時から現場に入って雨漏り修理を施工してきました。

戸袋内部を写した写真です。

レールの奥、戸袋基礎部分と切りつけの取り合いから漏水します。

外側から穴をあけてウレタン樹脂を注入!

すると…

雨漏りの出口からウレタン樹脂が出てきました!

この後、
外側にて巾木と躯体との取り合い、
ブロック積みの手摺り壁と躯体との取り合いをシーリング。

そして表面を塗布防水して終了しました!

現状の状態を壊さずに出来ることを施工しました。
振動ドリルを使用して穴をあけるので
店舗の開店前に音出し作業を終了させるため
早朝6時からの作業となりました。

倉方康幸

無料お見積りなど、お気軽にご相談下さい。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加