大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

雨漏り調査を実施!2日目!

2011年11月03日

ブログ · ブログ 2011
11月3日
今日は祭日、文化の日ですね!
そういえば、ここ数年、文化の日はお仕事ですね。

天気もいいし、遊びにいきたいですがそんな時こそ雨漏り調査日和!

昨日原因を突き止められなかったお客様のところへ再出動です。

昨日、散水できなかった続きを散水します。

すでに箇所は残すところ3箇所。

まず部位的に一番怪しいルーフバルコニーへ
ルーフバルコニーとはいえ、普段はしごなどがなければ上がれない場所です。

3階バルコニーから小さいはしごを掛けて上がります。
普段メンテナンスできない部分なのにドレンにストレーナー(ゴミ取り)がありません。
イヤな予感…
まずはそのドレンに水を流し始めました。

ドレンの水が流れない

今回の雨漏りの原因がわかりました。

早速ドレン下のポーチマスを外してみると
予想通り詰まっています。

典型的なオーバーフロー系の雨漏りです。

お客様にも現場を見ていただき、ここに水がたまると室内の雨漏り部位に漏水してしまうことをご説明させていただきました。

と、めでたしめでたしと言いたいところですが
まだその上に侵入しそうな箇所があります。

当然、そこにも散水。

1時間後、出てきました。

これですべてが分かりました。

天井裏にあった雨漏りのシミ、
そのシミだけではお客様の言っているほどの水は出ないはず。

ポーチマスのつまりと笠置〜壁の取り合いからの侵入。

その他にも原因が複数。

『雨漏りの原因は一つではない』

改めて実感した雨漏り調査でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会