『町のペンキ屋さん』って感じです♪

ふぅ~
今日は現場作業半日の予定が丸一日現場作業となりました。
サッシを交換し、外壁をモルタルにて復旧したので既存外壁色に合わせて塗装するという、
色あわせの技術を持つ塗装屋さんならではのお仕事!
 
昨日の段階から作業的にかかっても半日だな~
なんて考えていたら世の中そんなに思うようにいかないもの…
 
『これもお願いしたかったのよね~』と玄関ドアと2階バルコニの鉄製手摺りの塗り替えもその場で追加工事に!
 
ありがたい気持ちと午後からの予定が…という複雑な気持ちで作業に取りかかりました!
 
受けた以上は120%パワーを発揮します!
 
ぬおぉぉぉぉ~
 
 
まずは養生!
そしてモルタルにシーラー
そのオープンタイムの間に色作り
そして微弾性を入れて、作った壁色、玄関ドア、手摺り色の確認、調整
 
そして玄関ドアの養生、ケレン
 
外壁の色を確認後、中塗り
 
オープンタイムの間に玄関ドアを下塗り。
 
そして手摺りのケレン。
その後すぐ錆止め。
 
錆止め終了後に外壁上塗り、同時に壁塗装の養生剥がし。
 
とって返して玄関ドアの上塗り。
 
そしてバルコニーに落ちたケレンカスを清掃して
手摺り中塗り。
 
オープンタイムの間に材料、道具の片付け。
 
そして手摺り上塗り。
 
お客様にご確認していただき無事に撤収!
 
とまあこんな流れで作業していました。
 
 
それにしても、こうしてテキストにすると
すごい動きをしていますね。(と自画自賛m(_ _)m)
 
終わった瞬間ヘトヘトになりましたが
『やったぜ!!!』
充実感が沸いてきます!
 
 
う~ン、まさに
 
『町のペンキ屋さん』
 
って感じです♪
 
 
たまにはこんな日があってもいいですね(^_^)
 
 
 
倉方
 
 

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    こんにちは。
    廃ペンキに関することを調べていているうちに、こちらのブログへ流れ着きました。
    こちらの記事を大変興味深く読ませていただきました。
    塗料に関していろいろ勉強になりました。
    ありがとうございました。