残念!

夏の甲子園がはじまりました。

 

いよいよ夏本番!といっても暦の上では秋なんですけど…

熱い熱戦を期待します(^_^)

 

それにしても開会式の初日第3試合、さっそく八千代東が登場です!

結果は3×2で惜敗(>_<)

 

戦国千葉を勝ち上がってきた県立高校、まぐれで千葉県大会を制することができるほど甘くはないです。しっかりその実力はあったのですが、残念な結果になってしまいました。

 

そしてこの時期わが家ではおきまりの 『熱闘甲子園』 を見ていたら、なんと相手の高校の事ばかり…

 

確かに、超高校級かもしれませんが、あまりの一方的な報道に憤りすら感じました。

 

それぞれの高校にそれぞれの思いやドラマがあります。

 

高校野球に限らず、このような偏った報道によって世論が作られているのだなと感じました。

 

 

それにしても、負けてもさわやかな八千代東の選手達でした。

試合中も楽しそうに野球をしているのが伝わってきました。

選手を集めて甲子園に行くのが常道となっている今、

本来の高校野球というものを見せてもらった気がします。

 

八千代東の選手達、本当にお疲れ様でした。

胸をはって千葉に帰ってきてください。

無料お見積り等は、お気軽にご相談ください。

かんたんフォーム入力

お電話(フリーダイヤル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. さくら より:

    SECRET: 0
    PASS: 28cd77922b77074e20f8c51ee3aa19a1
    熱闘甲子園についてまったく同じことを感じています。
    私が応援している高校は2度勝ち抜いて3回戦へと進みましたが
    熱闘甲子園では2度とも相手校にスポットをあてた編集で
    あんなに頑張って勝った選手たちが軽く扱われているのが
    見ていて不愉快になってきました。
    最初は負けたチームはもうそれで消えてしまうから
    負けた方にスポットを当てているのかとも思ったけれど
    見ているとそうではなく、明らかに試合をした片方にスポットを当てる編集です。
    スポットを当てられた学校は満足かもしれませんが
    勝っても勝ってもスルーされる学校と選手、応援団は不快だと思います。