大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

外壁塗装の料金

塗装工事、特に既存の建物(お客様のお宅)を塗り替える場合、必ず現場調査(下見)および下地(塗装をする部位:基材)の状態を確認してからでなければ正確な御見積り金額を提示できません。
それは・・・

1 初めての外壁塗装か?

2 壁面の部材はなにで出来ているのか?(モルタル左官塗装仕上げか乾式窯業系パネルか)

3 下地の傷み具合はどうか?(チョーキングの有無、クラック等)

4 2回目以降の塗り替えの場合基材と前回塗装塗膜との密着はどうか?

5 作業用仮設足場の設置が可能か?

6 建物の大きさ、付帯工事(外壁以外の塗装部分の有無)

以上のことがメール、お電話では確認できないからです。

もちろん、概算金額と言う概念がありますが、あくまで概算であってその金額より安くなるか、高くなるかは正確な現場調査をしてみないとわかりません。

ご参考までに現在外壁塗装で主流となっている工法のメーカ指定の設計価格をご参考までにご紹介いたします。

1 微弾性塗料+水性ウレタン塗料 2,800円 ☆メーカー
標準単価です!
2 微弾性塗料+水性シリコン塗料 3,200円
3 微弾性塗料+ハルスハイブリット塗料 3,300円
4 微弾性塗料+水性フッ素樹脂塗料 4,000円
5 微弾性塗料+弱溶剤型フッ素樹脂塗料 4,500円

注1:平成20年8月現在の設計価格です。
注2:下地調整、仮設足場、養生、諸経費などは含まれていません。

各メーカー共通の条件としまして300m2以上とあります。

あくまで設計単価とはメーカー希望小売価格として捉えていただければわかりやすいと思います。しかしながら実際の塗装業者さんの見積もりはさまざまですよ。
それは各業者さんの経営スタイルや御提案する塗装工法、企業努力等の違いから生まれてくるものです。

私たち(有)サンカラーは塗装工事のプロフェッショナル職人会社としてのスタイルをとっていますので、お客様のお宅の塗装に必要となる仮設足場、コーキング工事、防水工事はすべてその道のプロフェッショナル(とびさん、防水屋さん)で施工させていただいております。

外壁塗装のお見積例はこちら

有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会