大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

外壁塗装のサンカラー社長のブログ

【50歳からのフルマラソンチャレンジ】2018かすみがうらマラソンを走りました

2018年4月15日

50歳からのフルマラソンチャレンジも今回で10回目となりました。今回走ったのは『2018かすみがうらマラソン』です。この大会、去年も走りましたが4月にしては暑く救急車をたくさん見たとい大会です。
今年はなんと嵐の予想。幸いスタート時間には雨もほぼやんでいる状態。風もなく絶好?のマラソン日和となりました。

上はスタート直後の写真ですが、ものすごい人です。バーン!とスタートの合図がなってから写真のスタート地点まで約10分かかりました。のろまな私には10分のロスは大きいです。

練習不足(いつもですが)なのでゆっくり目でスタート。
このペースを守り続ければ5時間ちょっとのタイム予想。今シーズンのはが路、館山と同様の感覚です。
しかし練習不足は容赦してくれません。
17キロ手前の関門を過ぎて20キロにさしかかった頃から足の攣りが。。。
ゆっくりのペースをもっとゆっくりして走りますがやっぱり攣りそう。。。攣りそう、攣りそう。。。
そしてとうとう歩いてしまいました。
う~ん、なんともふがいない。この時点でゴールまでまだ半分以上あります。正直心が折れました。23キロ過ぎにある大きな公園で数台止まっている収容車、あれに乗ろうかどうしようか迷ったあげく走ることを選んだ去年。去年はまだゴールするんだという気力がありましたが、今回はほんとにこの先の辛さを考えたら
『お前はよく頑張った、今リタイヤしても誰もお前を責めないよ』
とつぶやく自分と
『いつもこの距離から辛くなってもゴールしてるじゃないか。リタイヤしたら絶対後悔するぞ』
という自分が戦っていました。ふとみると収容車に歩いている人がいる。
『あ~自分もあそこに歩けばこの辛さから解放されるんだ~』
そう思いながらでも足はまだ遠いゴールを目指して前に進んでる。
気持ちはリタイヤ、足は攣りそうなのにゴールを目指す。そんな事してる間に公園の敷地を過ぎてしまいました。
そしてその後は24キロの標識をみると『あと18キロ』25キロの標識をみると『あと17キロ』と1キロ1キロ進む事に果てしない絶望感を味わいながら半分歩いて半分走ってを繰り返しました。途中、アルファードがゆっくりと走っています。
道ばたで足をさすっている人に『収容車です、大丈夫ですか?』と声をかけている。『いやいや俺の方がダメだ!収容してくれ!』と何回声をかけようかと思ったか。

ほんとに長い後半でした。
スタートした位置が5時間台の人達ばっかりだったのでまわりはやはり歩いたり走ったりしている人ばっかり。歩いては抜かされ走っては抜いての繰り返し。

そしてあと5キロ、4キロ、3キロと短くなってくると今度は
『いつも軽く走っている距離じゃないか!もう少しだ』という自分と
『ここまで来れば制限時間内にゴールできるからゆっくり歩けよ』
という自分。
リタイヤという選択肢はなくなりましたが(ここは一種のゴールしたいという欲ですね)それでも楽な選択を迫ります。

そしてとうとう待ちに待ったゴール地点。ここだけは歩いてゴールするわけにはいかないので元気とはいかないまでも走り、笑顔でゴールしました。

やっと終わった~それにしてもめっちゃ疲れた~

記録証です。去年よりやっぱり遅いです。

そしてフルマラソン10回目にして気づいたこと。
普段ちょっとくらい走っているからってそれが練習だと思ったら大間違いって事。特にフルマラソンとなるとちょっとやそっとの練習では走りきることすら難しい。目標を持って練習しないと結果は伴わないです。

当たり前といえば当たり前なのですが、走ることに慣れてしまった自分の甘さでしょうね。

それから体重管理。
年明けぐらいから暴飲暴食が続き体重増加してしまいました。
これも走ることに慣れたので『暴飲暴食しても走ってるから太らない』という慢心ですね。インとアウトを管理しないとやっぱり太ってしまいますよね。
ちなみにですが、走る前と走ったあとでは4kg体重が落ちていました。

普段から自分の身体としっかり向き合って管理をする。日々のランニングもおろそかにせずそれプラス、エントリーしたレースを目標にそれに向けた練習も取り入れる。

ということが必要なのだなと感じた10回目のフルマラソンチャレンジとなりました。

今シーズンのフルマラソンチャレンジは終了です。いつもお付き合いタダ器ありがとうございました。来シーズンは10月のアクアラインマラソンを走る予定です。

2018池上本門寺のさくら

2018年3月25日に池上本門寺さんにさくらを見に行ってきました。慣れない動画撮影と編集でお見苦しいところが多々ありますが今年のさくらの思い出としてYoutubeに残してみました。

【外壁塗装】春の嵐でメッシュシートをたたみました

今日は風が強かったですね。今は午後18時すぎですがこれからまだまだ強くなるようです。今日の夜中あたりが強風のピークのようですね。

こんな時は足場のメッシュシートをたたみます。強風で足場が倒れるなんて考えただけでもゾッとします。

何かあってからでは遅いですから。

春、あたたかくなってきて外仕事にはうってつけですが春の嵐だけは困りものです。と、毎年つぶやいていますね。どんなに強風でも倒れない仮設足場が登場すれば少しは気が楽になるのかな~。

【外壁塗装】雪の中高圧洗浄を施工しました

2018年3月26日


とかく軽くみられがちな高圧洗浄ですがここでしっかりと汚れやチョーキングなどを落としておかないと塗料の密着不良や耐候性に影響します。
ちょうど施工日は3月21日春分の日。この日は雪が降っている極寒の中での高圧洗浄となりました。そんな中でもしっかりと洗うスタッフに頭が下がります。良かったら観てください。

【外壁塗装】 足場を設置 しかし雨の中の作業となってしまいました 

2018年3月20日

今日は朝から雨でしたね。そんな中、新しい現場がスタートしました。大田区南久が原にて外壁塗装工事スタートです。まずは足場を設置しますがあいにくの雨です。しかも気温が低いです。

さくらが咲いてきている今日この頃。真冬の寒さとは違いますが、さすがに雨は冷たいです。足場スタッフのみなさん本当にありがとうございます。頭が下がります。

明日はこちらの現場で高圧洗浄を予定しております。気を引き締めて安全第一で施工します。

 

お医者さんに行くと検査しますよね なんで雨漏りは検査(調査)しないの?

2018年3月16日
久しぶりに風邪をひいてしまいました。
昨日の朝、起床した瞬間に『やっちまった~』と心で叫んでしまいました。私は風邪をひくとすぐノドに症状が現れます。扁桃腺持ちってやつですね。

辛くなければお医者さんに行くこともなく気合いと根性と焼酎のお湯割りでなおしてしまいますが、今回は頭痛と倦怠感がハンパなかったのであっさりとお医者様を受診しました。

受診すると必ず問診があってノドみて聴診器あててそしてこの時期インフルエンザの検査もしますね。

これが当たり前なんだと思いますが、身体の不具合に関しては検査するって誰でも拒否しませんが、雨漏りの場合は調査というとなぜ否定的になるのでしょう?←一部の方ですが。

お金がかかるから?
いやいやお医者さんでもタダで検査はしませんよ。

時間がかかるから?
当てずっぽうな修理をしてなおらなかったらもっと時間がかかりますよ。

雨漏りにもいろいろなケースがあって調査をする以前に間違いなくここが原因ですといいきれるものもあります。その際には当然修理の御見積をご提示しますが、雨水浸入位置となりうる部位が複数ある場合などはその切り分けをしなければなりません。

また、まずはここを修理しないと調査すらできないでしょう。という場合もあります。

なのですべての雨漏りに対して100%調査しましょうというつもりはありませんが、例えば転んで受け身をとった腕を強く地面に打ってしまいました。痛くて痛くたまりません。お医者さんに来ました。診察室に入って腕をみただけで『複雑骨折ですね。すぐ手術します』って言われたらどうしますか?いやいやレントゲンぐらい撮ってよって言いたくなりますよね。

単純にそういうことだと思うんです。

久しぶりに受診して改めて思いました。

 

雨漏り調査 鉄骨造ALCの雨漏り

鉄鋼造ALCの建物です。サッシ上から雨漏りします。

その下の壁は雨漏りで傷んだボードが割れてしまっています。

当該サッシから1m程上にあるALC板間です。横目時にひびが入っています。

これは違う部分ですが一部だけシーリング処理しています。サッシ水切りのシーリングも相当痛んでいます。

違うお部屋も雨漏りしているとのこと。窓から上を覗いてみると電線引き込みの金具上にシーリング処理させていませんね。ここを止めているボルトはALCを貫通しているので雨水浸入しやすい場所です。

そしてその上にあるタイル目地シーリングも劣化していますね。

現調の結果、雨漏りしている箇所の上におけるシーリングの劣化が顕著です。鉄骨ALCの建物は①防水②シーリング③塗装(外装仕上げ材)で雨水の浸入を防いでいます。この3つの要素のうちひとつでも不具合があると雨漏りが発生してしまいます。

オーナー様にお聞きしたところ、今まで塗装は2回ほど施工されたとのこと。その時にシーリングの打ち換えや増し打ちなどの提案が業者さんから無かった事が今回の雨漏りにつながっているかもしれませんね。

建物をメンテナンスする私たち業者はその時だけキレイになればいいという施工をするのではなく、5年後、10年後を見据えてお客様にご提案しなければいけないと改めて感じました。

 

2018年3月4日~9日までの行動記録

2018年3月9日

一週間撮った動画などをつなぎ合わせてみました。

ちょっとした行動記録ですね。これ以外でも現調にいったりNPOでお仕事したりと今週もほんとに忙しくさせていただきました。心より感謝申し上げます。

池上梅園に行ってきました

はじめて買った自撮り棒を持って早速フィールドテストw池上梅園に行ってきました。6分咲きとのことでしたがキレイで春を感じることができました。

高輪にて床を洗浄しました

2018年2月24日

いつもお世話になっているお客様から床の洗浄をお願いされました。私1人で作業する予定でしたが若いスタッフの1人が担当している現場が乾き待ちなったということで2人でやってきました。思った以上に堆積物がありましたが、高圧洗浄機+トルネードノズルで綺麗になりました。

雨漏り散水調査 赤外線サーモグラフィーカメラと水分計を使用しました

2018年2月16日

今日は大田区久が原にて雨漏り散水調査でした。

天井に現れているシミ。この雨漏り、水が落ちるとかではなく気がついたらこのシミが出ていた。という雨漏り具象です。上は散水調査を実施する前の写真です。水分計を使ってシミが出ている部分の水分を数値化しています。この数値をベースとします。

散水して天井内に水分が落ちてくれば                    数値が大きくなる=雨漏りしている                     ということになります。

そしてこれは赤外線サーモグラフィーカメラの映像です。これも散水調査をする前です。温度の変化はありませんね。

これも散水して天井内に水分が落ちてくれば                 温度の変化が現れる=雨漏りしている                    ということになります。

散水する場所をかえること3箇所目。散水開始から1時間10分。水分計が測定不能となっています。明らかにこの部分に水分の含有が増加している証拠となります。

そしてその状況を赤外線サーモグラフィーカメラで確認すると明らかに温度が下がっています。

こうした状況から今回の雨漏りは3箇所目に散水した場所が雨水浸入位置と断定しました。

こういった状況でも天井から水が落ちてくることは無かったです。

水が落ちてこない雨漏りでも赤外線サーモグラフィーカメラと水分計を使用し、数値や映像で水が浸入して天井内に落ちてきていることが確認できました。

みえない雨漏りを確認するという意味では今回は非常に有用でした。

 

雨漏り 塩ビシート防水の破断 雨ピタにて修理

2018年2月10日

今日は先日2月1日に緊急で雨漏り状況を確認したお客様のところへ行ってきました。

これがその時の雨漏り状況です。軒天井と外壁取り合いから雨水が落下しています。午後5時すぎだったのであたりは真っ暗。とりあえず雨水がどこから落ちているのかだけ確認しました。

そして今日、落下している上を確認してみると。。。シート防水側溝のつなぎ部分の部材が破断していますね。

水洗いして綺麗にしました。今度はよくわかりますね。理由はわかりませんが破断しているのがわかります。破断はしていますが本当にここが雨水浸入位置なのか?がわかりませんよね。この部分に水を張って軒天井から水が落下するのを確認しました。

とここまでわかったのだからどうするか?シーリング?いやいやもっとイイ物があります。

『雨漏り110番公認 雨ピタ』の登場ですね。この雨ピタ、テープ自体が伸縮し、曲線部分などにもピッタリとくっつきます。そして何よりこの製品だけで耐候性が約20年という優れもの。シーリングで補修するよりはるかに高性能です。

貼付ける面をしっかりと乾かし、雨ピタ自体も冬場は硬くなっているのでドライヤーで暖めながら貼付けます。

雨ピタ施工完了

施工完了です。切って貼るだけなのですがシーリングより強度と耐候性があり、補修というより恒久的な修理となります。雨ピタ スグレモノです。

 

 

雪 樋が壊れる  先日の大雪で樋が壊れました

2018年2月7日

3年前に雨漏り修理を施工させていただいたお客様から『先月の大雪で樋が壊れた』とのこと。早速お伺いしてみると。。。

雪で樋が壊れました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA     

壊れた樋がぶら下がっています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軒樋の途中から折れてしまっています。

これだけ被害が大きくても敷地が広いためお隣に被害がなかったのが幸いです。

先月の雪は23cmの積雪ということですが、これが50cmとか積もるようになったらどうなってしまうのでしょうか?

ゾッとします。

屋根 雨漏り修理  屋根本体はしっかりしていますが...

2018年2月3日

朽ちている雨押さえの貫 雨押さえの貫が痛んでいます

今日から雨漏り修理がスタートしました。今回も屋根葺替えですね。屋根本体に穴があいているとか朽ちているということはありませんでしたが、片流れ屋根のパラペットや雨押え部分から雨水が浸入。

屋根の裏に回った水がフェルトの上を流れています

フェルト(当時はルーフィングではなかった)の上を水が走り、フェルトの弱っている部分から木毛板に雨水が浸透し

痛んでいる木毛板 雨漏りで痛んでいる木毛板

屋根下に雨漏りを発生させるというメカニズムです。

唐草(軒先)の下地が痛んでいます

屋根を解体してみるとわかりますが、唐草(軒先)の下地も痛んでいます。屋根の中でも構造的にもっとも雨水が集中するところですので築年数からして痛んでいても不思議ではないです。こういった痛んでいる部分を補修できるのは解体+葺替えのいいところですね。

 

 

屋根 雨漏り修理  構造的に無理がある

2018年2月1日

3棟同時の外壁塗装、屋根塗装の現場と平行して屋根からの雨漏り修理現場も稼働しております。

雨漏りしている屋根

解体途中です。軒先部分が平らになっていて軒先をつかんでいます。そのつかみから雨水が浸入しているというメカニズムです。

図にするとこんな感じです。軒先に水が溜まる形状のため板金同士のつかみから雨水が浸入していました。

雨水が浸入している部分

平らな部分を解体中です。剥がしていくと下地の木が濡れているのがわかります。さてどうやって修理するか?というと

屋根形状を変更して雨漏りを解決します

軒先に平らな部分を作らず、ストレートに水が流れるように屋根のカタチを変更します。そのために外壁を一部カットして下地を作ります。

こんな感じですね。既存の勾配にあわせて外壁を一部カットし下地を作りました。

軒先以外の屋根はそのままで上からラーチ合板を野地板として貼り込みます。

アスファルトルーフィングとしてゴムアスルーフィングEXを使用しています。桟葺き屋根 瓦棒屋根

形状は既存屋根にあわせて桟葺きです。棟の段違いがあるので棟板金は既製品ではなく平板から作りました。

雨漏りしない屋根 完成

雨漏りしない屋根。完成です。今までとは形状が変り軒先まで勾配があるので雪止めを新設し、雨水も勢いよく流れるので大きめの樋をつけました。

 

 

 

外壁塗装 大田区 久が原にて3棟同時に施工しています

2018年2月1日

今日から2月ですね。お正月からもう1ヶ月が経過してしまいました。本当に時間の経過が速いです。そんな中、ただ今、大田区久が原にて3棟同時に外壁塗装、屋根塗装を施工しております。

足場設置が先週の大雪。そして高圧洗浄という流れでしたが、屋根に積もった雪がカチカチに凍ってしまい屋根だけが洗浄できない状態でした。

この写真は先週の24日ですね。屋根にガッチリ雪が残っています。

大田区 屋根塗装 高圧洗浄 大田区 屋根塗装 高圧洗浄中

そしてこれが昨日の写真です。屋根の高圧洗浄は飛散があるので右の写真のように飛散しないように洗浄します。

今日はタイル洗いを施工しています。3棟同時となるとやることも3倍なので進みは遅いですが確実に仕上げていきます。

 

【50歳からのフルマラソンチャレンジ】第38回館山若潮マラソンを走りました!

2018年1月29日

昨日、毎年恒例となっている館山若潮マラソンに参加しました。この大会は3年前、私が初めて参加したフルマラソンです。以来毎年走っています。今回が3回目ですね。

会場は雨漏り110当番館山店から徒歩で5分程度のところなので館山店の佐々木師匠に毎年お世話になっています。今年も大変お世話になりました。

出走前です。右から雨漏り110番栃木店の田尻さん息子さん、真ん中は雨漏り110番茅ヶ崎店の禧久さん。その他、雨漏り110番藤沢店の原田さん、雨漏り110番上尾店の千葉さん、雨漏り110番小平店の米澤さんがフルマラソンに出走しました。

10キロの部には地元雨漏り110番館山店の佐々木師匠、雨漏り110番栃木店の田尻さん、雨漏り110番調布店の今野さん、雨漏り110番千葉店の宮垣さんがチャレンジしました。

これは走っているときにみえる館山の海です。当日は寒く、途中雨も降ってきて身体が冷えてしまいました。しかしその寒い中、たくさんの人に応援をもらい本当に力になりました。

震えながらも何とかゴール!

去年のように5時間を切ることはできませんでした。

地図で見ると館山から海岸線をぐるっと回って平砂浦を超え、南房パラダイスを過ぎてからアップダウンがきつくなってきます。30キロ過ぎには峠越えがありキツイところでキツイ坂があるというなんとも言えないコースです。そして海岸線へ再び出てきてフラワーラインを戻っていきます。

そしてゴールしたあとは館山シーサイドホテルにてお風呂に入って懇親会ですね。走るのは辛いけどこれがあるからやめられないwって感じです。

毎年のことですが、応援してくださった地元の人、運営に携わった人すべてに感謝申し上げます。いい大会をありがとうございます。来年も走ります!

【大雪での被害】屋根瓦が落ちました

2018年1月24日

一昨日は大雪、昨日はその雪かき。雪かきといっても会社の前の道路だけでなく着工中の現場も雪かきが必要なんですね。外壁塗装の現場では屋根に雪がのっているといつまでもポタポタ落ちてきて塗装工事ができません。よって、必然的に雪を下ろさなければならないのです。屋根だけでなく足場の上も落としておかなければいけませんね。

そんな大雪翌日、お客様からTELが入りました。瓦のお宅なのですが、雪と一緒に瓦が落ちたとのこと。瓦桟がいたんで落ちることはありますが今回はそのパターンなのか?と思いつつ現場に急行しました。

早速Jidoribo-Proを使用して屋根の上をチェックしました。

すると。。。隅棟の瓦が無いですね。赤丸部分です。

こちらは反対側の隅棟です。これが正常な状態です。

落ちた瓦です。形状からして隅棟の瓦に間違いないですね。それにしてもけが人が出なくてなによりです。これほどのモノが直撃したらケガ無しではすみませんね。

さて、このまま隅棟瓦を戻すだけで良いのか?それとも棟をとりなおす方がいいのか?瓦が落ちるということはそれなりに瓦を押えている南蛮、針金などの劣化が進んでいるということになります。痛んで瓦がずれてくると雨漏りの原因にもなります。隅棟を戻すだけより費用はかかりますが、これから先を考えればやはり御見積のひとつにとりなおしを入れなければいけませんね。

現状の状況を把握し、問題を解決するだけでなく、もう一歩先を想定してご提案できるのがプロの役目と思います。

【大雪】東京も雪が積もってきました

2018年1月22日

今日は雪の予報で報道関係は大雪に関する注意喚起をしておりましたね。私たちサンカラーもこの雪に備え、スタッドレスタイヤに履き替えたり、工事途中の屋根にシートをかけたり、明日から強まる風に備えてメッシュシートをたたんだりと午前中はバタバタと動いておりました。

午後からは本格的に雪が降ってきて会社の前の道は歩道だけでなく車道もすでに真っ白となっております。この雪は明日の2時頃まで降る予報なので明日の朝は今以上に積もっていることが予想されます。

そんな雪の中、今日は足場の建て方がありました。

今日からスタートする大田区久が原にて3棟同時の現場です。この寒い中、足場屋さん6人で一生懸命作業していただきました。本当に頭が下がります。

今日は積雪、明日は晴れる予報ですが、路面凍結が心配されます。転倒、スリップなど危険がいっぱいの朝となりますのでご用心ください。

私は明日は朝から雪かきを頑張ります!

【雨漏り散水調査】目を奪われるひび割れ

2018年1月19日

今日は木造住宅の雨漏り散水調査。実は16日にも散水調査しているのですが2箇所のうち1箇所は雨漏りのメカニズムは解明できましたが、もう1箇所の雨漏りは再現、メカニズムとも解明できませんでした。

雨漏りの原因を突き止めるのは1日で完結することもあれば1日でダメなら2日目、2日でダメなら3日目とかかる場合があります。まず初めにお客様から雨漏りの状況などのヒヤリング、そして室内に漏水している現状から雨水浸入口や浸水経路などを考え、散水する場所と時間を決めます。ここに経験とノウハウがあります。ここで間違ってしまうと『雨漏りの迷路』にはまってしまいます。

今回の建物には角に大きくひび割れがありました。これだけ大きなひび割れですから『ここが雨水浸入口だ!』と心がつぶやきます。そうすると雨漏り調査や診断で必要な心構え、『一切の先入観を捨て去ること』の前提が崩れてしまいます。

さてここに散水した結果は。。。

合計3時間散水しても雨漏りの再現はありませんでした。

すでに一番上の屋根まで散水している状況。それなのに再現できない。。。

はい、『雨漏りの迷路』ですね。

結果からいうと違う場所からの雨水浸入が確認されてメカニズムも解明できたのですが、こういった目を奪われる大きな不具合があるとそこに気持ちがひっぱられてしまい、判断を誤ってしまうこともあります。

本当に大事な『一切の先入観を捨て去ること』あらためて心に刻みました。

有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会