大田区の外壁塗装、雨漏り修理のサンカラー

外壁塗装のサンカラー社長のブログ

【大雪】東京も雪が積もってきました

2018年1月22日

今日は雪の予報で報道関係は大雪に関する注意喚起をしておりましたね。私たちサンカラーもこの雪に備え、スタッドレスタイヤに履き替えたり、工事途中の屋根にシートをかけたり、明日から強まる風に備えてメッシュシートをたたんだりと午前中はバタバタと動いておりました。

午後からは本格的に雪が降ってきて会社の前の道は歩道だけでなく車道もすでに真っ白となっております。この雪は明日の2時頃まで降る予報なので明日の朝は今以上に積もっていることが予想されます。

そんな雪の中、今日は足場の建て方がありました。

今日からスタートする大田区久が原にて3棟同時の現場です。この寒い中、足場屋さん6人で一生懸命作業していただきました。本当に頭が下がります。

今日は積雪、明日は晴れる予報ですが、路面凍結が心配されます。転倒、スリップなど危険がいっぱいの朝となりますのでご用心ください。

私は明日は朝から雪かきを頑張ります!

【雨漏り散水調査】目を奪われるひび割れ

2018年1月19日

今日は木造住宅の雨漏り散水調査。実は16日にも散水調査しているのですが2箇所のうち1箇所は雨漏りのメカニズムは解明できましたが、もう1箇所の雨漏りは再現、メカニズムとも解明できませんでした。

雨漏りの原因を突き止めるのは1日で完結することもあれば1日でダメなら2日目、2日でダメなら3日目とかかる場合があります。まず初めにお客様から雨漏りの状況などのヒヤリング、そして室内に漏水している現状から雨水浸入口や浸水経路などを考え、散水する場所と時間を決めます。ここに経験とノウハウがあります。ここで間違ってしまうと『雨漏りの迷路』にはまってしまいます。

今回の建物には角に大きくひび割れがありました。これだけ大きなひび割れですから『ここが雨水浸入口だ!』と心がつぶやきます。そうすると雨漏り調査や診断で必要な心構え、『一切の先入観を捨て去ること』の前提が崩れてしまいます。

さてここに散水した結果は。。。

合計3時間散水しても雨漏りの再現はありませんでした。

すでに一番上の屋根まで散水している状況。それなのに再現できない。。。

はい、『雨漏りの迷路』ですね。

結果からいうと違う場所からの雨水浸入が確認されてメカニズムも解明できたのですが、こういった目を奪われる大きな不具合があるとそこに気持ちがひっぱられてしまい、判断を誤ってしまうこともあります。

本当に大事な『一切の先入観を捨て去ること』あらためて心に刻みました。

関西ペイント リフォームサミットのプラチナ会員になりました

2018年1月17日

 

↑昨日、参画している関西ペイントリフォームサミットからプラチナ会員の賞状が送られてきました。

いろいろ条件(リフォームサミットへの参加や施工件数など)を満たさないプラチナ会員になれたことはうれしいことですw条件を満たすにはお客様にご指示、ご発注を頂かないとこのプラチナ会員になれないことを考える改めて身の引き締まる思いでございます。本当にありがとうございます。

いままでも、これからもお客様のお宅にあった適材適所の材料と工法を考え抜いてご提案できればと思います。

これからも宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

 

1月も半分過ぎましたね

2018年1月15日

今日も寒い1日でしたね。1月ですので当たり前といえばその通りなのですが、最近寒さが身にしみるようになってきました。

早いもので1月も15日が過ぎ去ろうとしています。ちょっと前に年越しをしたと思ったらもう2週間以上経過していますね。時間の経過も加速しているような気がします。

そんな中、昨日のブログでもご紹介しましたが、ラムダサイディング塗替えの現場、無事に足場解体が終了しました。

そして今日は外壁屋根塗装の現場もスタートしております。

まずは屋根からですね。

そして1月12日のブログでもご紹介した屋根葺替え工事+外壁塗装+外構工事の現場ですが、今日は軒天井の貼り替え工事を施工しました。

その他、あと1件、外壁塗装屋根塗装の現場がスタートしております。

と、こうして日々の現場の写真を見て進行状況を確認しているとお正月はどこへ行ったのやら~という感じです。そうです、すでに現場はフル回転です。

明日から1月も後半に入ります。気合いを入れて頑張ります!

【外壁塗装】ラムダサイディングの塗替え

2018年1月13日

今日は去年11月29日からスタートした戸建て外壁塗装の現場からのブログです。

すでに1ヶ月以上経過している現場。もともと大きくて立派なお家なので作業が年越しになりますというお話しをさせていただいておりました。

外装にはラムダサイディングを施工しているお宅です。作業に入ってみると最初に塗ってある塗膜の密着が宜しくありません。当然そのまま塗る訳にもいかないので旧塗膜を剥がします。

プクプク膨れている塗膜です。こういったところは当然密着していないのですが、それ以外の部分でも簡単に剥がれてしまうところがありました。

剥離作業中です。このあと、2液弱溶剤エポキシシーラーを入れて塗装しました。吸い込みの激しいところはシーラーを2回塗装し、しっかりと下地を固めてから中塗り、上塗り作業をしました。

足場解体前の壁面です。きれいに仕上がりました。

月曜日は足場解体です。

年越しの現場もやっとお引き渡しできそうです。

 

【屋根葺替え】隅棟に技あり

2018年1月12日

昨日足場を設置した大田区矢口の現場からです。屋根葺替え、外壁塗装、外構工事など盛りだくさんの内容なのですが、まずは上からということで屋根葺替え工事がスタートしました。

屋根の仕上げ材であるコロニアルを撤去している写真です。この部分に隅棟板金があったのですがコロニアルとの取り合いにシーリングしています。昔はこの施工方法が当たり前だったようですね。ここにシーリングすると降雨時、コロニアルとコロニアルの間に入った水が隅棟まで到達し、晴れてもシーリングしていることで乾燥が悪くなってしまいます。

↑白いのは腐食菌です。水分が入って抜けないとこういった腐食菌が繁殖し下地のコンパネを痛め、雨漏りにつながってしまいます。

また、隅棟に入るコロニアルがそのまま施工されています。現在は『肩を落とす』といって下の角をカットして取り付けます。こうすることでコロニアル間に入った水が隅棟の奥まで到達する事を防ぎます。ちなみにこういった施工が手抜き工事ということではなく、当時の施工としては当たり前におこなわれていました。

これは別の現場ですが、赤丸部分のところに注目してください。下の角を少し落としていますよね。

こういった施工の違いで5年後、10年後、雨漏りするかしないかが大きく変ってきます。

 

スタッフの成長

2018年1月9日

昨日の成人の日は午後から雨でしたね。サンカラーの現場は成人の日でも動いていましたが、半日であえなく終了。。。

塗装工事としては当然なのですが、やっぱり現場に入ったからにはしっかりと1日分仕事がしたいとスタッフは申しておりました。

そして今日、朝起きた頃には雨は止んでいましたが、ビショビショです。午前中は作業になりません。スタッフは朝一お客様のところにって状況を説明し、午後から作業に入る旨をお伝えしていました。

また今年は去年からの年またぎの現場があり、足場が架かりっぱなしの状態で年を越しましたが、年末最後はメッシュシートをたたんでいました。

こういった事は私の指示で動いているのではなくスタッフ自身が考えて行動していることです。成長著しいとはこのことをいうのでしょうか。

自ら考えて行動できる。

非常にたくましく、頼りになる存在となってきました。

今年も本格的に現場が動き出しました。安全第一、無事故無災害、そしてお客様に満足していただける技術を提供してまいります。

 

 

2018年 今年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月5日

皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

今日からサンカラーの2018年がスタートしました。

12月31日から5日間しか経過しておりませんが、それでも気持ちはすっかり新しい年へと変っております。

それにしても午前中の緊急地震速報にはビックリしました!私はちょうど昭和通りの銀座付近を大渋滞に巻き込まれていた最中でしたが、

『やばい。。。もし本当に大きな地震が来たら身動きとれない。。。』

とリアルに感じました。前も後ろも横も渋滞で止まっている車に挟まれている状態です。動こうにも動きようがありません。八方ふさがりな状態をどう切り抜けるかを必死に考えていました。幸いにも緊急地震速報は誤報であったため事なきを得ましたが、さて本当に大地震が起きていたらどうなっていたか。間違いなく命の危険が差し迫っていたことでしょう。

人間何があるかわからないと言うことを感じた仕事始めでした。

さあ、明日から現場もスタートします。寒いですが気持ちを入れて望みます!

 

2017年、今年もお世話になりましたm(_ _)m

2017年12月31日

今年もあと8時間ほどとなりました。現場は12月28日に納め、29日は会社、倉庫の片付けで今年の業務は終了しました。

今年を振り返ると。。。

印象に残っているのは雨漏りのお問い合わせが前半少なかったことです。どういった影響なのかは定かではないですが、例年になく少ないという感じでした。外壁塗装などのお問い合わせは例年通りでしたので天候などの要因も考えられます。もっとも、9月10月11月は台風や長雨の影響で逆にお問い合わせが例年以上にありました。

長雨で思い出しますが、10月の長雨と台風来襲が2週連続というのは記憶にも新しいです。足場を架けた現場が高圧洗浄してからまるまる1週間何もできなかったなんて言うこともありました。

それからスタッフが資格を取得したというのもありました。長男の宏輔君は去年の2級施工管理技士に続いて今年は雨漏り診断士の資格。次男の博光君は塗装技能士2級に合格しました。

会社的には『さんさん』の発行。1号が4月、2号が7月、3号が12月と不定期な発行となってしまっていますが、来年はもう少し頻度を上げて発行できるようにします。

2017年の施工件数は166件となりました。これもひとえに皆様が応援してくださるからこれだけ多くの施工に携わることができました。本当にありがとうございます。今年の私からの発信は以上となりますが、来年は5日から営業しております。何かございましたらお気軽にお声をかけてください。今年一年間、お世話になりました。皆様にとってすばらしい年になりますようお祈り申し上げます。来年、2018年も私たちサンカラーをよろしくお願い申し上げます。

有限会社サンカラー 雨漏り110番大田店 代表取締役 倉方康幸

現場も明日が納めです

2017年12月27日

いよいよ押し迫ってきましたね。街が急にあわただしくなっているような気がします。銀行、郵便局、それにホームセンターなんかは人が多いですね。

私たちサンカラーも明日が今年の現場納めです。今年は年越しで足場の架かっている現場がありますのでメッシュシートをたたんで年内は終了予定です。

その他の現場もほぼ予定通りに進んでお引き渡しとなっていて現場自体はバタバタすることなく年の瀬を迎えることができそうです。

まだあと1日現場作業が残っていますが、気を緩めることなくしっかりと仕事納めを迎えたいと思います。

 

【50歳からのフルマラソンチャレンジ】第4回はが路ふれあいマラソンを走りました!

2017年12月19日

12月17日日曜日、栃木県まで出張って第4回はが路ふれあいマラソンに参加してきました。今回が2回目の参加となります。

スタート前ですね。会場入してすぐ撮影しました。気温は3°程度でしょうか。とにかく寒かったです。

スタート前の整列ですね。みんな速そうにみえます。このときは太陽があたって暖かい感じでした。

雨漏り110番栃木店の田尻さんが応援に駆けつけくれました!去年も応援に来てくれた田尻さん、私が尊敬する大先輩です。

スタートゴールは真岡市の井頭公園、そこから一旦下って田園地帯をひたすら走ります。高低はそれほど無く走りやすいです。なんといっても刈り込みが終わった田園地帯、広い視野の中を走るのは気持ちが良いですw

真岡市から益子町に入って茂木町に入るとアップダウンがはじまります。10キロ過ぎから19キロ過ぎまで山道ですね。そして登り切ると急な下り坂。ヒザがやばいです。

21キロ過ぎにはまた急な昇り!ここは地元中学生のハイタッチゾーンです。元気をもらいながらハイタッチして走りました!

上がりきると今度はSLがお出迎えしてくれました。

この写真は30キロ過ぎです。田尻さんが撮影してくれました。

長距離練習ができなかったのですが、それを見越して当初からキロ7分ペースで走っていたのがよかったのか20キロ地点でも5時間のペースメーカーを視界にとらえながら走っていました。

しかし、練習は嘘をつきませんね。21キロ過ぎに左ヒザが痛くなってしまいエイドでもたもたしている間に完全に見失ってしまいました。まあ、それでも走れないほどの激痛があるわけではなかったので騙し騙し走りました。

ゴール寸前の42キロの標識です。ちょうど41キロ過ぎから一緒に走っていたランナーと『歩きてー』『でもここまで来たら走ってゴールしてー』なんて声を掛け合いながら通過w

そしてやっとみえてきましたゴール!ということで今回はエイドで止まることはあってもそれ以外は歩くこと無くゴールしました。やっぱり走りきってゴールするのは気分が良いです!

スタートとゴールを見ると晴れていますが、途中の茂木から35キロ過ぎまでは曇って風が出て、挙げ句の果てには小雪が舞うという極寒でした。手袋をしないで走っていたので手がかじかんでしまい、ウエストバックのファスナーもつかめないぐらいでした。

ゴールして田尻さんとツーショット!

益子町のゆるキャラ、マシコットもパチリw

今回、2回目の参加となりましたが、私個人は非常に好きな大会です。沿道の声援もすばらしく、エイドも充実しています。本当に町をあげて応援してくれているというのが肌で感じる大会です。ちなみに、エイドではリンゴ、いちご、チョコ、そして水餃子、昆布茶、味噌汁、豚汁、お蕎麦など盛りだくさんでこちらの方もすべて完食しましたw

沿道の声援で『雨漏り110番頑張れ~!』『頑張ってください~』と何回も何回も励まされました。来年も是非走りたいと思います。

最後になりますが、いつも応援してくれる田尻さん、本当にありがとうございました。ものすごく力になりました。そしてボランティアの人々、大会運営に携わってくれたすべての人に御礼申し上げます。

 

 

 

 

【RC造の改修工事】やっと足場解体までこぎつけました

2017年12月13日

すっかりブログの更新が滞ってしまいました。

10月の長雨から現在に至るまで押せ押せの現場が重なっており、多忙を極めておりました。

その中でも3階建て、鉄筋コンクリート作りのマンションの足場解体にやっとめどが立ちました。

鉄部塗装、腰壁、軒天井塗装、タイルの浮き注入やタイルの薬品洗浄+撥水材塗装など様々な工事をおこなっていきました。

一時は年内完工が危ぶまれましたが、12月に入っての好天に恵まれました。

あともう一踏ん張りです。最後まで気を抜かずに頑張ります!

 

【お客様アンケート】大田区東雪谷2丁目のN様からうれしいお言葉をいただきました。

10月に着工し、長雨の影響で工期が約1ヶ月かかってしまいましたが、お客様からうれしいお言葉をいただきました。

①塗装をする前にどんなことで悩んでいましたか?

屋根のカビと外壁の色あせです。雨漏りはしていないのでいつにしようかと迷っていました。

②何がきっかけでサンカラーを知りましたか?

初めの依頼は木製玄関ドア塗装です。大田区でネット検索をして知りました。サンカラーさんは店舗もあり、内容を調べてお願いしました。

③サンカラーを知ってすぐにご連絡いただけましたか?しなかったとしたらなぜですか?

木製玄関ドアは白っぽく見苦しかったのですぐに連絡しました。ドアは見違える程きれいになりました。温かい社長さんの対応と結果に満足して信頼できると思いました。

④何が決めてとなってサンカラーに工事を依頼されましたか?

2回目の依頼は樋の詰まりです。(豪雨の前日で1日遅かったらとぞっとしました)その時、屋根のカビを相談、後日、明瞭な価格と詳細な塗装説明に納得して決めました。

⑤実際に工事が終わってみていかがですか?

新築よりきれいになりました。ご近所に配慮していただいたお陰でトラブルもなくその方達から若いのに仕事が丁寧でよくやってるよ誉め言葉がありました。その通りで担当の息子さんには細部にわたり行き届いて、話しやすく頼りになる仕事のできる人物でした。

工事の写真や見積り書を見るといくつもの工程や知らない言葉が並んでいます。初めて屋根外壁塗装をされる方は不安でしょうね。私の場合はサンカラーさんに依頼するのが3度目であり信頼し、安心してお任せできました。結果は思い通りで大変満足しています。 東雪谷2丁目 T・N  

追伸 毎日笑顔の孫みたいなコウスケさんに会えないのが寂しいです!

 

倉方からT・Nさまへ

この度は私たちサンカラーに工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます。工事中も心温まるお言葉、お気持ちをいただき、スタッフ一同心より感謝申し上げます。その上、すばらしいお言葉をいただき、厚く御礼申し上げます。T・Nさまとの初めての施工は倉方が施工させていただきましたね。樋の詰まりの時は緊急で対応させていただき、次の日の豪雨は何とか難を逃れることができました。そうした中からお話しがあった外壁屋根塗装でしたが、T・Nさまにご満足いただき、大変うれしく思います。今回の施工は息子の宏輔が担当させていただきましたが宏輔にもあたたかいお言葉をいただき、本人も大変喜んでおります。T・N様のお言葉に恥じぬようこれからも頑張ります。今後とも末永いお付き合いの程、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

 施工前

 施工後

 

【お客様アンケート】大田区池上のK様からあたたかいお言葉を頂きました。

先日お引き渡しが終わった池上のK様からあたたかいお言葉を頂きました。

① 雨漏り工事をする前にどんなことで悩んでいましたか?

室内に雨水が侵入して、その都度対応に追われていました。雨の日は不安とストレスで落ち着かない日々で困っていました。

② 何がきっかけでサンカラーを知りましたか?

知り合いの屋根屋さんがいなかったので、インターネットで探して(大田区内)サンカラー様を見つけました。

③ サンカラーを知ってすぐにご連絡いただけましたか?しなかったとしたらなぜですか?

丁度雨続きの時期でしたので、すぐにご連絡しました。電話でしたがとても丁寧な対応と人柄でしたのでお願いしました。

④ 何が決めてとなってサンカラーに工事を依頼されましたか?

サンカラー様の事務所が偶然にも近所でしたので、遠くの業者よりも身近に感じたのと、対応や説明が丁寧でわかり易く工事をお任せできると判断しました。

⑤ 実際に工事が終わってみていかがですか?

着工から6日という早さで完成したのは大変助かりました。仕上げも綺麗で建屋のイメージも配慮して頂きとても満足しています。ありがとうございました。作業工程も写真でご説明頂き安心してお任せできました。

 

倉方から→K様、この度は私たち雨漏り110番大田店、サンカラーに工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます。またお心のこもったアンケートを頂戴し、ありがとうございました。K様のお言葉を益々の励みにして日々の業務に邁進いたします。本当にありがとうございました。

 

施工前

雨漏り修理完成

52歳となりました

2016年9月26日

今日は私、倉方康幸がこの世に生を受けた日。そう誕生日です。52歳となりました。

若いとき、52歳の人といえばものすごく大人で落ち着いててという印象がありましたね。マツダに勤めていたときの所長さんはきっとそういう年齢だったんでしょうね。

なので、こうして自分がなってみるとどうもまだ大人になりきれていない自分があります。もっとも世間様から見れば私も十分オッサンの仲間入りしているのは間違いないですが。。。

まあ、見た目だけでなく身体は確実に若い頃とは違っていますね。老眼鏡が手放せなくなってきたり、お酒が朝残っていたり、と確実に変ってきていますね。それが衰えなのか?それとも進化なのか?私は進化ととらえていきたいですね。そして最終的な進化は身体がいらなくなること。そう、死ですね。人間生まれたときから決まっていることは死ぬということ。それに向かって人は進化していると思います。肉体が必要なくなるときが人生のゴールとすると身体自身が年齢とともに衰えていくということは徐々に肉体が必要なくなってきている。ととらえると老眼鏡も、お酒が残っても、疲れやすくなっても、お肌に張りがなくなっても、まあ許されるのではないでしょうかw

52歳になってこんな事を思いました。

【内装塗装工事】休日の作業で考える事

2017年9月24日

9月23日、24日と連休を利用して大田区某企業様の工場内壁面塗装を施工しました。

既存塗膜が密着していませんね。浮いている塗膜を剥がしてから下地調整に入ります。

壁だけではなくSDも塗装しましたよ。

壁面はシーラー+水性の5分艶を2回塗装して完成です。

世間様は2連休ということもあって道路は空いていますし、町は静か。流れる時間も緩やかに感じますね。

普段作業されているスペースを休みを利用して塗装工事。昔は親方の下で塗装職人としてやっていた頃は当たり前のように施工してきました。独立後、下請けさん中心の頃にも夜間、深夜作業だったり休日作業もよくありましたが、最近はすっかりそういった工事が少なくなっていたんですが、7月、8月、9月と3ヶ月連続で休日作業がありました。

お客様に望まれる。

それは仕上がりであったり、施工品質であったり、ノウハウであったり、はたまた雨漏りを止めることであったりしますが、施工の日時というのも望まれる中に入りますね。

土日専門、休日専門、早朝夜間専門などある意味ありかもしれませんね。とは言ってもこういった内装工事であればご近隣様にご迷惑はかからないからいいですが、外部の作業となるとお客様のご意向だけではなくご近隣様というキーワードが入ってきますので外仕事にかんしては難しいかな。

こんな事言い出したら『いつ休めるんだ!』ってスタッフから速攻クレームがきますね。

働き方改革なんて言葉もありますが、私が職人でやっていた頃は日給月給だったので出た分だけ手間がもらえました。30日連続で現場作業していたなんて事もざらでしたね。

とまあ、これは私の過去のお話しですが、これからの職人さんは月給制に移行していく流れとなっていくのでしょう。お客様が望むモノとこちらが提供できるモノ。そしてそれを施工するスタッフのライフワークバランスをしっかりと考えなければいけないと、つくずく思います。

できるかな?いや、やるしかないですね。

個人ネタですが、10月1日 東北・みやぎ復興マラソン2017を走ります!

2017年9月22日

今日は朝方にゲリラ豪雨、そして一気に晴れたと思ったらにわか雨、午後から雨という外工事に携わる者としてはお天道様に翻弄される1日となりました。

そんな中でもできることを進めて、高圧洗浄1件施工。外壁塗装の現場1件お引き渡しとなりました。

さて、そんな9月も22日となりました。私自身もうすぐ52歳の誕生日を迎えます。そして10月1日には今シーズン初のフルマラソンを走ってきます。今回は仙台までで出張ります。

東北・みやぎ復興マラソン2017→https://fukko-marathon.jp/

↑これです。

フラットなコース、そして第一回目となる大会ということもあってエントリーをしてしまいました。

50歳からはじめたフルマラソンチャレンジですが、10月1日で7回目となります。去年のシーズン初のフルマラソンはアクアラインマラソンでした。練習不足もあって20キロ手前で失速w。なんとか完走できましたがトホホな内容でした。

今回はというと、7月後半に長距離を走ろうと思っていたところに夏風邪をひいてしまい練習不足。

8月はまたまた夏風邪になってしまいこれまた練習不足。

9月に入ってやっとまともに練習することができましたが、ペースはまったく上がらず。そして先週土曜日に30キロ走ろうと思ったのですが20キロ過ぎでふくらはぎが攣ってしまいそこから徒歩(泣)

まったく何をやっているのでしょうかwこんな事では42.195キロなんてどうなってしまうのでしょうか?

10月1日は『痛い』『辛い』が決定事項のようです。まあそれでも、ヒザの痛みもなく今月は110キロを走っていますので身体が長距離になれてくれているかな?なんて淡い期待もしています。

7回目にしてまだ目標は完走というヘタレな内容ですが、何とか頑張ってみますw

 

【雨漏り現場確認】後付けバルコニーの下にひび割れが!

2017年9月20日

ここのところ雨が続いていたためか、雨漏りのお問い合わせが急増しております。そんな中、今日も雨漏りの現場確認に行ってきました。

木造2階建て 築40年以上 数年前にスチール製バルコニーからアルミ製バルコニーに取り替えてから、雨漏りが発生したとのこと。早速確認してみると。。。

ちょっと分かりづらいですがアルミ製バルコニーと壁の取付け部分の写真です。ひび割れがありますね。そして幕板がこのひび割れに食い込んでいます。

幕板をはずして食い込んでいるひび割れにカッターを入れてみると塗膜が簡単に剥がれてしまいました。そして出てきたのは大きなひび割れ。

大きなひび割れなのでここに水をかけると室内に漏れてしまうのは安易に想像できます。ひび割れは少し湿っていてモルタルがポロポロと砂になっています。そして苔のようなモノまで確認できます。

さて、この状況。どう考えますか?

①そもそもスチール製バルコニーのあった頃からひび割れがあって雨水浸入していた。しかしながら室内に漏水とまではいかない状況だった。

②交換したことによってひび割れが発生し、雨漏りに至った。

③ひび割れはもともとあったがバルコニー交換工事の際にひび割れのケアをしなかった。

などが考えられますね。私としてはなぜひび割れが発生したか?が一番重要だと思います。単純にこの部分は柱が入っている部分ですからひび割れは入りにくいと考えます。それがなぜこのような大きなひび割れが発生しているのか?が雨漏りのメカニズムを解明する、修理の方法を考えるうえでこの考え方は非常に重要だと思います。

そしてもう1点。ひび割れから浸入した雨水が室内に漏水するということは2次防水のアスファルトフェルトを突破して室内に漏水しているということです。そしてそのアスファルトフェルトの内側には柱があります。さて濡れてしまった柱はどうなっているのでしょうか? この点も忘れてはいけない事です。

雨漏りは見た目の不具合だけで判断するのではなく不具合の原因、その内部の状況まで考えることが重要です。

台風一過で思うこと

2017年9月18日

今日は敬老の日ですね。世間様は土曜日、日曜、そして今日の敬老の日で3連休という方も多いと思いますが、そんな中台風18号が列島を縦断しました。

外仕事、そして足場を架けての作業が多い私たちにとって台風は非常にやっかいなモノです。雨が強いのは仕方ないにしても風が強く吹いてしまいます。その風にあおられて足場が崩壊!なんてことになったら大変です。したがってこういったときには足場のメッシュシートをたたんだり、風で飛んでいってしまいそうなモノは事前に固定したりという作業が発生します。

また、台風が去った後には再度メッシュシートを広げるという作業もあります。

でもですね、何かあってからでは遅いのでいくら面倒でも強い風の吹くときには毎回足場のメッシュシートはたたみます。

東京では17日の夜から18日の明け方まで強い雨と風でしたが、朝一現場を確認して何も事故が起こっていないことにホッと胸をなで下ろします。

今回の台風でも大きな被害が出た地域があります。川の氾濫などは自分たちの力ではどうしようもない部分です。なので、自分たちができることは事前に対処する。そして被害を未然に防ぐという意識が大切なのではないでしょうか。

台風一過で一気に暑くなった今日、現場を見ながら思ったことでした。

被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

【お客様の声】大田区新蒲田I様からお客様アンケートをいただきました

2017年9月15日

先日、大田区新蒲田にて施工させていただいたお客様からアンケートをいただきました。

①塗装する前にどんなことで悩んでいましたか?

→まず費用と工期ですね(我が家の老朽がどの程度か?)わかりませんので悩みました。

②何がきっかけでサンカラーを知りましたか?

→ご近所の方のご紹介で知りました。

③サンカラーを知ってすぐにご連絡いただけましたか?しなかったとしたらなぜですか?

→比較的早く連絡させて頂きました。一見何処が悪い(雨漏り等)というわけでもなかったので工事を始める時期はまだ早いのではと思ってましたので…

④何が決めてとなってサンカラーに工事を依頼されましたか?

→何と申しましても御家族(親子)でお仕事をなさっていると伺いましたので これは信頼出来るのではと思いまして依頼いたしました。

⑤実際に工事が終わってみていかがでしたか?

→本当にお願いして良かったと思いました。私共の意見を聞いて塗装以外の細かいところまで丁寧に直して頂きました事本当に助かりました。尚 通りがかりの方々が新築の様ですねとお声をかけて下さりました。きれいにして頂きありがとうございました。

 

倉方から

→I様、この度は私たちサンカラーに工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございます。施工中、不具合なども発見されご不安な部分もあったことと思いますが、しっかりとケアさせて頂きましたのでご安心下さい。また、心温まるお声を頂き、スタッフ一同心より御礼申し上げます。これからが本当のお付き合いの始まりと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。この度は本当にありがとうございました。

施工前

施工後

 

 

 

 

有限会社サンカラー 代表取締役 倉方康幸
ていねいな塗装と雨漏り修理
有限会社サンカラー
代表取締役 倉方康幸
  • iphoneとmacを持ち歩くNEO塗装屋
  • 1965年東京都大田区千鳥町生まれ
  • てんびん座O型
  • 東京工科専門学校自動車整備科卒業
  • 雨漏り診断士
  • 国家資格2級自動車整備士
  • 信念:
    確実に雨漏りをに止める。
    ていねいな塗装で建物を長持ちさせる。
    建物の省エネ化エコ化!
サンカラー社長ブログ
雨漏り110番大田店
サンカラーのエコガラス塗装
有限会社サンカラー公式Facebook
池上散歩道
NPO法人雨漏り診断士協会
adgreencoatadgreencoat
外壁塗装ネット
おすすめ職人認定証
NPO法人雨漏り診断士協会